BLOG

アーユルヴェーダ×チネイザンセラピスト養成講座が始まります。

長い間、オーナーセラピスト青山が積み重ねてきたアーユルヴェーダとチネイザン
精神的、肉体的にも多くのことを良い(人生)方向へと導いてくれました。

これらのセラピーが私の生命を支えてきてくれたと言っても過言でもありません。
この2つのセラピーに共通点がいくつかありますがその一つに「空~Kuu~」があります。

色々と詰め込み過ぎた私たちの頭や体、そして物質的なもの(執着)を1つ1つ、手放して行くことで
本質である自分の生きる道を進むことができます。

物事に固執されることなく、より柔軟で開かれた心で生きやすい世界をつくっていけたらよいな。。。
そして柔軟性高く、人の心や身体を軽くして導いていけるセラピストを日本でもスリランカでも
シッディランカでは育成していきたいと思っています。

過去、たくさんのクライアント様やスリランカのアーユルヴェーダ病院で治療通訳兼サポートしていく中で感じたことは、
私たち(アーユルヴェーダ/チネイザンセラピスト)は、ただ、デトックスさせて頂くことにコミットして提供することだけ
ではなく、クライアント様の心(精神)の寄り添って、潜在的なお悩みを軽くするお役目があるとてもやりがいのある特別なお仕事です。

ただ、日本のセラピストさんの多くは、見えている世界観に捕らわれがち。


精神性のことは苦手だったり、無知のように思えます。実体験も乏しければ、肉体的なところや病気の症状に対する
座学の勉強に一生懸命で、セラピストに大切な自己鍛錬は後回しになってしまっています。

もちろん、基礎的なことや座学はとても大事なことではありますがクライアント様から必要とされるセラピストへ成長するには、
まず、自分自身を幸せな状態にする自己鍛錬(精神性を高めること)も並行的に学ぶことが、これからの時代に大切なポイントです。

当講座で大切にしたいものとは

◎技術(テクニック)だけでなく、意図しながらタッチすることを学ぶことで深いリラクゼーションへと導くことができます。

◎セラピーを提供するごとにセラピスト自身も癒され、疲れにくいい精神、体を育んでいくセラピーは、アーユルヴェーダとチネイザンの組み合せならではの学びとなります。

◎タオの精神、大宇宙の氣のエネルギーの力を味方にして、まずはセラピスト本人を満たすことの大切さを体感で学んでいきます。

◎人間力を高め、個人の魅力と受容する器を豊かなものへと成長させていきます。

2024年度の当講座のスケジュール

*水曜コース
06/05.19,7/03.17.31,08/07.21,09/04.11.25,10/09.23.30,11/13

*日曜コース

06/16.30,7/14.21.28,08/18.25,09/08.15.29,10/13.27,11/17.24

その他、詳細はこちら

関連記事

  1. ハイティー
  2. スリランカスタイルビリヤニ

新着記事

PAGE TOP